2010年03月19日

<名誉棄損>ネット掲示板で作家中傷 45の女を容疑で逮捕(毎日新聞)

 インターネット上の掲示板に作家を中傷する書き込みをしたとして、千葉県警市川署は17日、大阪市浪速区浪速東2、無職、東雲(しののめ)優子容疑者(45)を名誉棄損の疑いで逮捕した。

 容疑は09年11月1日、ネット上の「したらば掲示板」に、同県市川市在住のノンフィクション作家の女性(40)を中傷する書き込みをしたとしている。

 同署によると、東雲容疑者は「ネットの知り合いから頼まれてやった」と容疑を認めているという。女性作家について「現在は風俗嬢。低脳ぶりを発揮中」などと書き込んだ。女性作家自身が掲示板の書き込みを見つけ、警察に被害届を出した。容疑者と作家に面識はないという。【荻野公一】

「今の体制で医師増員を」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
鶴岡八幡宮 大銀杏の植え付け作業終わる(毎日新聞)
<火災>民家から出火 男性?1人死亡4人搬送 大阪・茨木(毎日新聞)
小沢、与謝野両氏が会談!? 「連携の可能性」憶測呼ぶ(産経新聞)
B型肝炎訴訟で和解勧告=全国初、国側は難色−札幌地裁(時事通信)
posted by フナツ キイチ at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島ぐるみ闘争に発展も、稲嶺市長が陸上案批判(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、同県名護市の稲嶺進市長(64)は13日、政府が有力視する米軍キャンプ・シュワブ(名護市など)陸上部への移設案について、「基地の中なら何でもできると言わんばかりで、絶対に許してはいけない。このままでは(県議会が計画している)県民大会だけでなく、島ぐるみ闘争に発展せざるを得ない」と批判した。

 この日、同案に反対する集会が同市辺野古で開かれ、主催者によると、稲嶺市長は地元住民ら約200人を前に訴えたという。

 稲嶺市長は1月の市長選で、辺野古沿岸部に移設する現行計画に反対して当選した。今月8日の市議会本会議では「辺野古の海はもとより、陸上にも新たな基地を造らせないという信念を貫く」との施政方針演説を行い、シュワブ陸上部案に反対する考えを示している。

<大田原市長選>津久井富雄氏が初当選 栃木(毎日新聞)
在留資格「医療」の新規入国外国人は6人(医療介護CBニュース)
<郵便不正>障害者団体の元幹部、起訴内容認める(毎日新聞)
日教組委員長、政治活動の正当性強調(読売新聞)
「首相は劉邦」と前原国交相 (産経新聞)
posted by フナツ キイチ at 01:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。