2010年04月13日

阿久根の張り紙はがし免職、地裁が処分取り消し(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が市庁舎内に掲示した職員人件費の張り紙をはがし、昨年7月末に懲戒免職処分となった元係長の男性(45)が市を相手取り、処分取り消しを求めた訴訟の判決が9日、鹿児島地裁であった。

 牧賢二裁判長は市側に懲戒免職処分の取り消しを命じた。

 男性は同8月、「懲戒免職処分は見せしめで、市長の裁量権の逸脱・乱用にあたる」として提訴。同時に行政事件訴訟法に基づく処分の効力停止を申し立てた。

 地裁は昨年10月、「市のこれまでの懲戒免職の基準は長期欠勤や贈収賄などで、懲戒免職は不適法の可能性がある」として効力停止を決定した。

 市は公判で「(男性の)復職を認めれば、市長の指揮監督権を侵害する行為が頻発する」と主張していた。

常勤従事者は年収450万円以上に―介護クラフトユニオンが提言書(医療介護CBニュース)
山林にペット100匹の死体、業者が不法投棄か(読売新聞)
体調万全で作業も順調=持参の日本食、同僚に好評−宇宙で仕事1週間・山崎さん(時事通信)
<岡田外相>核持ち込み密約 横須賀市長に直接謝罪(毎日新聞)
近鉄社員、元日の勤務中飲酒し車庫内を運転(読売新聞)
posted by フナツ キイチ at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。